生きる才能。三浦知良(JFL鈴鹿)

本日の日経新聞より。

  • 素の能力は同じでも、紙一重のことが重なって、大きな違いになる。
  • 試合で相手の圧力がかかると力を出せない、判定や展開次第で自分をコントロールできなくなる。
  • 大成した人とまだの人の違いで思い当たるとしたら、ちょっとしたことくらい。
  • ここからはい上がって行けたら面白いよね。
  • 選手本人が変わろうとしない限り、現状は絶対に変わらない。
  • 自分を生かせないのも、突き詰めれば自分の責任なのだから。
  • 誰よりも自分を信じ、誰よりも自分を疑うこと。
  • 自分のしていることは正しいのか。うまくいっている時ほど見直す部分はないか、考えを巡らせる。
  • 自分へ常にクエスチョンを向けること、自分の可能性を誰よりも信じていること。2つで1セットだ。
  • そう向き合えるのなら、それも能力、生きる才能みたいなものだと思う。

(JFL鈴鹿 三浦知良)

 

キングカズこと、現役サッカー選手である三浦知良選手(55歳)の言葉です。

これだけジェットコースターのようなサッカー人生だと、サッカーを好きでい続けることは相当難しいことに違いありません。

苦しかったブラジル時代の話なども良くでてきますが、どんな状況であっても「自らサッカーを楽しむ能力、好きになる能力」が怪物級に飛び抜けているように感じます。

ここまで行けばもう「凄い・・。強い・・・。」以外の言葉が見当たりません。

あまりにも有名故に賛否両論あるかもしれませんが、GRIT(やり抜く力)のカタマリですね。

 

GRITとは
「Guts(度胸)、Resilience(復元力)、Initiative(自発性)、Tenacity(執念)」の頭文字をとった言葉で「やり抜く力」の意味。

 

三浦カズ選手の心の中にある「サッカー(人生)を楽しむ自由」は誰にも奪うことができないものだと思います。

これからの活躍が益々楽しみです!

Nobi

Nobi講師のNobiです。

記事一覧

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. 【長期】小さな池を作って魚を飼ってみよう!(日本淡水魚)

  2. 平面図形(光の反射)の問題(灘中)[S-0013-C]

  3. 数論(灘中)[S-0006-C]

  4. 「ことば」にこだわって、豊かに表現してみよう。

  5. この絵に「ことば」を入れてみよう!

  6. 平面図形(灘中)[S-0011-C]

  7. 面積図を使った文章問題(基本)[S-0010-R]