小学生よ、常識を疑おう。それが思考力だ。

思考力を鍛える、思考力を伸ばす、など、教材や雑誌、ネットでよく見かけるようになりました。見ていると、思考力をどう定義してるのだろう?とか、どこまでの成長が想定されているのだろう?とかいろいろ考え込んでしまいます。「ところで、思考力って何?」と聞かれたらなんと答えるかなと思いながら、頭でぐるぐる考えてるうちに今回のコラムとなりました。

 

 

今の小学生が生きていく社会

なぜ今、大学入試改革(思考力を重視)をしたり、学習指導要領を改訂したりしているのか。なぜ今、これほどまでに知識の暗記ではなく、思考力が大切だと声高に言われているのか。

文科省では、これから子ども達が生きていく社会を「変化の激しい予測不能な社会」としています。この社会について少し具体的に考えてみると、

  • 「今まで好調だったモノが新しいモノの台頭により急に無用になってしまう」というようなパラダイムシフトが早いサイクルでやってくるだろうという社会。
  • 機械化やAIにより今まで人間が行ってきた仕事は減っていき、目指していた仕事や花形の仕事がAIでもできてしまう可能性があるという社会。

という感じでしょうか。

こういった時代の流れを踏まえて必然的に必要とされる能力を予測してみると、「今ある条件でものを考える」「本質を捉える」「自分で考え自分で判断する」という能力が浮かび上がってきます。

そのような時代に子ども達は生きていく事になります。

 

どんな時代でも必要な思考力

先ほどの「今ある条件でものを考える」「本質を捉える」「自分で考え自分で判断する」能力とは、いわゆるクリティカルシンキングのことを指しています。

ここで、「(これまでの時代にはあまり必要ではなかったけれど)これから時代には特に必要な能力なのか?」と、ふと気になってしまいました。

例えば、現在だって多くの情報が行き交ってます。その一部の情報を鵜呑みにするという行為は、どうでしょう?それは思考しない(自分で考えない)という危険な行為と言えますよね。私たちが生きてきた(生きている)時代だって、常識を疑い自分で考えるといった思考力(≒クリティカルシンキング)は必要なんですよね。そう思うと、これまで以上に重要になってくることは間違いないとしても、どんな時代においても重要な能力の一つだと言えるのではないでしょうか。

 

クリティカルシンキングの身につけ方

ということで、子どもが自分で思考力を身につけていくにはどうしたら良いでしょうか?

いきなり、自分で考えなさい、本質を見抜きなさい、と言っても経験は浅く、考える道筋も分からないままの状態に置かれてしまうと、子どもは困ってしまいますよね。

では、どう対応して行ってあげると良いのでしょうか。

例えば習い事など興味のある事を突き進めて行った時に「わからない」「できない」と、進まない状態になったときの対応がとても重要だと思っています。答えを教えるのではなく、答えに導くのでもなく、「詰まっている部分を一緒に理解し解いてあげる事」が重要です。そうすると子どもは、また自分で考え進むことができます。これが積み重なって思考力がついていくのです。

思考力をどのように身につけていくのかは、以下のコンテンツを参考にしてみてください。

思考力(クリティカルシンキング)を身につけるためには段階的に、そして長期的に子どもを導いてあげる事が必要になってきます。

 

育つ力がある子どもたち

色々な子どもたちをみていると、「子どもって本当にすごいな」と思います。「吸収がはやいなあ」と。これは子ども特有の素直さが可能にしているのでしょうか。時間をかけて身につける力かもしれませんが、階段を上るように一歩一歩きちんと歩いていけばしっかり身につけてくれるものなんだなあ、と思います。それを一段飛ばしとか、いきなり上の段から始めてしまうと、身につかないどころか、最初から一歩一歩進む事に抵抗を感じるようになってしまうかもしれません。ですので、幼少期の素直な時期にその子に合わせて一歩一歩身につけていく事が一番の早道だと感じています。

もしもご家庭で教育について悩まれた時はお気軽にのびてくまでご相談ください。

無料カウンセリングはこちら

 

Teku

Teku講師のTekuです。

記事一覧

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  2. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  3. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  4. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  5. 為末大さんの話がしみる

  6. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  7. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  8. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  9. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  10. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  1. プチ探☆マンガ(クロアゲハ-完結編)

  2. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  3. ロジャー・フェデラーが引退(Roger Federer)

  4. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  5. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  6. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  7. フィンラインド教育に学ぶ(読解力、考える力)

  8. 手作り紙芝居ワークショップで感じたこと

  9. プチ探☆マンガ(クロアゲハ編-その2)

  10. 詰め込まない教育で中学受験は乗り越えられるのか?

カリキュラム例

  1. 平面図形(光の反射)の問題(灘中)[S-0013-C]

  2. 年貢と税金は何が違うの?税について考えてみよう!

  3. 立体図形の切断(灘中)[S-0015-R]

  4. 観察を通して地球の成り立ちと自然現象を結びつけよう!

  5. 【プレゼン】カメラの比較、分析、提案をしてみよう!(SIGMA fp vs Fuji X-Pro3)

  6. 【プロジェクトマネジメント】小さな池を作って魚を飼ってみよう!(日本淡水魚)

  7. 【機能とデザインとマーケティング】身の回りにあるいろいろなキャップを探してみよう!