探究×理科

フィールドワークを通して植物の凄さを知ろう!

雨上がりの松ぼっくりと晴れた日の松ぼっくりの違いって、気にしたことをありますか?

植物は種で増えると決めつけていませんか?

知れば知るほど不思議が増え、知れば知るほど関心してしまう植物たち。

そんな身近な植物を探して観察するフィールドワークから開始して、不思議を発見し、疑問や興味を膨らませ理解を深めて行きます。

(※知識を丸暗記するのではなく、なるほど!と納得し、理解していきます。)

 

フィールドワークのテーマ

フィールドワークテーマ
時期
春の七草を探し、七草粥をつくって食べてみよう
1月〜2月
ロゼットを探して、何の植物かを判別しよう
1月〜3月ごろ
四葉のクローバーを探そう
3〜8月
セイヨウタンポポと日本のタンポポ
3〜5月(1年中)
ハルジオンとヒメジョオンをみつけ、違いを探そう
5月〜7月ごろ
秋の七草を探して鑑賞しよう
10〜11月ごろ
指定された10種類の植物を探そう
1〜12月
赤色、青色、黄色、紫色の花を探そう
1〜12月

探究学習の手順

1

フィールドワークで五感(視覚、触覚、嗅覚、聴覚、味覚)をフルに使い、じっくり詳しく観察する。

2

情報を並べて整理したり、インターネットや書籍で調べたり、不思議なことや疑問点を探す。

3

自分なりの仮説をたてて、もう一度フィールドワークを行なって確かめる。

4

自分なりの発見や納得を、自分なりの形でまとめ、発表する。

深め・広げ・つなげる スローラーニングのポイント

1

電気を使わず水を吸い上げられるはなぜ?(植物のつくり)

2

究極のエネルギー生産システム(光合成)

3

種じゃなくクローンで増えてたの!?(植物の生存戦略)

4

放っておくと荒地が森に変わる理由(植物の遷移)

5

生態系にはひとつも無駄がない!(食物連鎖、食物網、進化、棲み分け)

ポイント

身近にありすぎて興味の対象になりにくい植物ですが、知れば知るほど不思議だらけ。まだまだ解明されていないことだらけ。

幼少期には知識よりも五感を優先させ、感性を磨くこと、好奇心を高めることが大切です。(※感性とは普通の人は見過ごしてしまう小さな差異に気づく心の豊かさ。)

そして、身近な植物にさえ興味を持つことができれば、いずれは地球環境への理解も深まっていきます。

こうして、将来自分が進みたい道(世界)が見え、向学心も高まっていくことでしょう。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  2. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  3. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  4. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  5. 為末大さんの話がしみる

  6. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  7. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  8. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  9. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  10. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  1. プチ探☆マンガ(クロアゲハ-完結編)

  2. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  3. ロジャー・フェデラーが引退(Roger Federer)

  4. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  5. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  6. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  7. フィンラインド教育に学ぶ(読解力、考える力)

  8. 手作り紙芝居ワークショップで感じたこと

  9. プチ探☆マンガ(クロアゲハ編-その2)

  10. 詰め込まない教育で中学受験は乗り越えられるのか?

カリキュラム例

  1. 【カオス・複雑系】「カマキリ」と「特大ショウリョウバッタ」一緒に入れたらどうなる?

  2. 「形」の仕組みを体感的・論理的に理解しよう!

  3. 数論(灘中)[S-0006-C]

  4. 【プログラミング】HTMLとCSSでホームページを作ってみよう!

  5. 観察を通して地球の成り立ちと自然現象を結びつけよう!

  6. 【機能とデザインとマーケティング】身の回りにあるいろいろなキャップを探してみよう!

  7. これまでの世界の革命を振り返り、AI社会の未来を予測しよう!