探究×社会

年貢と税金は何が違うの?税について考えてみよう!

江戸幕府による税の制度では、年貢は米で納める現物納を原則としました。

江戸幕府は日本政府へと形を変え、税制も変化し続けています。

消費税など様々な税が存在しており、それぞれに目的が示されています。

日本国民の税負担が日々大きくなっているように感じる昨今ですが、「税」の目的や実際の使い道について学ぶことはすごく大切なことです。

探究学習の手順

1

日常生活と税の関わりについて調べる。

2

税金を納める理由について考える。

3

国の財政について調べる。

4

これからの社会と税を考えてみる。

深め・広げ・つなげる スローラーニングのポイント

1

年貢とは何か?誰が何のために行なっていたのかを考える。

2

税金とは何か?誰が何のために行なっているのかを考える。

3

幕府と政府を比較し、それぞれの特徴をとらえる。

4

政治や選挙の仕組みに関心を持ち、輪郭を捉える。

5

国家統治(行政、内閣、官庁、省庁など)の仕組みについて関心を持ち、輪郭を捉える。

6

お金(貨幣)の意味、通貨や経済に関心を持ち、輪郭を捉える。

7

諸外国と比較してみる。

ひとこと

日本国憲法第30条
「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。」

税金は、国を維持し、発展させていくために欠かせないものです。そこで憲法では税金を納めること(納税)は国民の義務と定めています。この「納税の義務」は「勤労の義務」「教育の義務」とならんで、国民の三大義務の一つとされています。納税者である私たちは、正しく税金を納めることが大切ですが、税金の使いみちに十分関心を持つことも大切です。

国税庁のWebサイトにはこのように記されています。

書かれている通り、税金の使い道に十分に関心を持つことも大切です。

そのためには、そもそも税金とは何のために必要なものなのか?どこに対して払っているのか?誰が管理しているのか?など、国の成り立ちや選挙制度などついても知っていく必要があります。

生きていくために不可欠な「税」について、「えらい人任せ」にするのではなく、自分達の頭で考えてみるともっと良いアイデアが浮かんでくるかもしれません。そうすると、選挙への関心も自然と高まるかもしれません。

「税」という視点から社会に目を向けてみましょう。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  2. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  3. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  4. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  5. 為末大さんの話がしみる

  6. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  7. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  8. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  9. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  10. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  1. プチ探☆マンガ(クロアゲハ-完結編)

  2. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  3. ロジャー・フェデラーが引退(Roger Federer)

  4. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  5. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  6. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  7. フィンラインド教育に学ぶ(読解力、考える力)

  8. 手作り紙芝居ワークショップで感じたこと

  9. プチ探☆マンガ(クロアゲハ編-その2)

  10. 詰め込まない教育で中学受験は乗り越えられるのか?

カリキュラム例

  1. 論説文や随筆分を構造的に整理してみよう!

  2. 戦争と平和について考えてみよう。

  3. 年貢と税金は何が違うの?税について考えてみよう!

  4. 数論の問題(灘中)[S-0009-R]

  5. 平面図形(灘中)[S-0011-C]

  6. 速さの問題(灘中)[S-0008-R]

  7. 平面図形(灘中)[S-0014-C]