探究×社会

これまでの世界の革命を振り返り、AI社会の未来を予測しよう!

過去、産業革命・農業革命やロシア革命という大きな革命が起こり世界は大きく様変わりしていきました。

他にも、印刷革命、エネルギー革命、IT革命など、大きな社会変化をもたらす革命が起こっています。

過去、どの国や地域で何が起こったのか、どのように起こったのか、人々の生活はどのように変化したのか、社会の仕組みはどのように変化したのか、どれくらいの期間その効果が続き、現在の私たちの生活や社会にどれくらいの影響を与えているのか、など、地続きで身近な自分ごととして振り返っていきましょう。

探究学習の手順

1

産業革命について調べる。

2

産業革命前後での人々の生活の変化について調べる。

3

イギリスを始め、世界の国々がどのように関わっていったのかについて考える。

4

他の革命についても調べる。

5

AI社会の未来についての考えを、自分なりの形でまとめ、発表する。

深め・広げ・つなげる スローラーニングのポイント

1

歴史の事実を覚えるのではなく、その背景や必然性について考える。

2

いろいろな立場から考える。

3

経済の視点を取り入れて考える。

4

テクノロジーの視点を取り入れて考える。

5

戦争との関係を考える。

ひとこと

世の中はテクノロジーの進化によって、どんどん便利になっていきますが、環境破壊を含めた負の側面もはっきりと見えてきます。

また、「便利さ」と「豊かさ」はイコールではありません。物質的な豊かさと、心の豊かさも違います。何を豊かとし、何を幸せと感じるかは人それぞれです。

どんな時代になろうとも、時代に流され漂流してしまうのではなく、自分の生き方を自分で決められるように、今から関心を持って歴史を眺めてみることは良い機会になると思います。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  2. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  3. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  4. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  5. 為末大さんの話がしみる

  6. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  7. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  8. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  9. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  10. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  1. プチ探☆マンガ(クロアゲハ-完結編)

  2. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  3. ロジャー・フェデラーが引退(Roger Federer)

  4. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  5. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  6. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  7. フィンラインド教育に学ぶ(読解力、考える力)

  8. 手作り紙芝居ワークショップで感じたこと

  9. プチ探☆マンガ(クロアゲハ編-その2)

  10. 詰め込まない教育で中学受験は乗り越えられるのか?

カリキュラム例

  1. 平面図形(灘中)[S-0001-C]

  2. オノマトペを通して読解力を高めよう!

  3. 【ゼロからの発想】石の形を生かして、石に絵を描こう!

  4. 計算(灘中)[S-0005-K]

  5. 面積図を使った文章問題(基本)[S-0010-R]

  6. 文章題(灘中)[S-0003-C]

  7. 【機能とデザインとマーケティング】身の回りにあるいろいろなキャップを探してみよう!