モンベルに学ぼう。細部を極めて「楽しい」を追求。

商品の細部に魂を込めるモンベル(mont-bell)

3/2の日経新聞に下記の記事が掲載されていました。

強み磨く 細部を極めて「楽しい」を追求 モンベル

強み磨く 細部を極めて「楽しい」を追求 モンベル

  • 商品細部に魂を込める。
  • ブランドの強みは目標の本質が『楽しい』であること」話す。
  • 一人の登山家として欲しいと思う商品を世に送り出してきた。
  • 消費者が求める一般的なマーケティングをしない。
  • 社内に売り上げ目標はない。ノルマをつくり商品を売り込んだり、品質を犠牲にしてコストを節約したりすることを嫌う。
  • 社員や顧客の声に耳をすまし、欲しいものを追求すると結果がついてくる。自然と対話して楽しみながら一歩ずつ進むと、最後には絶景が見られる山登りにも通じる。

(宮住達郎)

こんな風に”理想”を追求しちゃったら商売にならないよ、というの一般論のところ、コアなファンを作りビジネスとして大いに成功・継続させているのですから、本当に学ぶべき点だらけです。

好き、楽しいを追求して世界的なブランドに育っているのですから、大きな夢がありますよね!

これほど説得力のある夢もありません。

時代は変わってきた

記事中に「一般的なマーケティング」とありますが、これは「売る(売れる)」ことを最優先として、

  • 実態とはかけ離れた派手なキャッチコピーやイメージ戦略を行ったり
  • パッケージ(過剰包装)を重視したり
  • コスト優先で品質をないがしろにしたり
  • 無駄で過剰な機能をつけたり
  • 過剰に便利にしたり
  • 流行りをつくって買い替えを煽ったり
  • 売れてます、みんな買ってますと煽ったり
  • 2個買えば、もう1個サービスとか

こういったある種「小手先」の販売促進手法のことを指しているのだと思います。

私も経営コンサルタントとしてマーケティングにも携わってきましたが、こういった小手先のマーケティングが効果(利益)を出してしまい、これこそが正義だとされる現場に何度も遭遇してきました。(非常に悲しく、残念なことでした。)

「良いものを作れば売れると思ったら大間違いだ!」というのがあたかもマーケティングの真髄のように語られてきましたが、今回のモンベルさんの事例のように、いよいよ時代は変わってきていると感じています。

※たった1社のことを例に話しているだけなので、統計学的に正確な発言ではありません。あくまで、一個人の時代の流れを肌で感じた感想です。

また、自分自身を含めて、消費者はもっと賢くならないといけないと常々思っています。

流行りに流されて大量生産・大量消費を繰り返すのでは無くて、一つの商品をもっとじっくり(スロー)検討し、良いものを大切に長く使うといった精神に立ち戻りたいものです。

確かに忙しい日々の中、魅惑的で幻惑的なキャッチコピーやカタログ数値をかいくぐって、「自分にとってベストなもの」を選択(判断)することは、非常に骨の折れることですし、知識も必要でしょう。

百貨店やセレクトショップの存在価値も「ここ」にあった訳です。

しかし、そこを面倒がらずに製品やサービス選びのプロセスを真剣に楽しみ、「いま売れてます!」や「おすすめ!」がなくても自分の手(頭)で探し出すことをしていく方が楽しいではありませんか。

きっと愛着も湧きますよね。

※ESG/CDP投資など環境に貢献する企業を評価するような変化があるようですが、それよりも「実際にどんな製品やサービスをどのように提供しているのか」を通して企業の文化や内面を見ていくことが必要なんじゃないかと思います。

モンベルで楽しむキャンプ

モンベルは大好きなブランドで、キャンプ道具やウェアなど、たくさんの商品を愛用しています。

約10年前の古い写真を引っ張り出してきました。

月明かりでも設営できるムーンライトテント(9型)とビッグタープHXです。

モンベルのムーンライトテント

2012年 我が家のモンベルの「ムーンライトテント9型」と「ビッグタープHX」

設営は簡単とは言っても、季節や天候によって設営する場所や方法、タイミングなどを考え判断することが山ほどあったり、夜露対策など経験してみないと気づけないことが沢山あるのがキャンプです。

ヘビの抜け殻を見つけたら

へびのぬけがら

へびのぬけがら

へびいちご、があって へぇ〜 と感心したり。

へびいちご

へびいちご

油断してたら、本当にヘビがいて驚いたり。

シマヘビ

シマヘビ

珍しいシュレーゲルアオガエルに出会えたり。

シュレーゲルアオガエル

シュレーゲルアオガエル

アカハライモリのお腹は本当に赤いのだなと知ったり。

アカハライモリ

アカハライモリ

芽吹きで春を感じたり。

芽吹き

芽吹き

真冬にアウトドアで誕生日ケーキを作るのがどんなに大変かを思い知らされたり。

ダッヂオーブン

ダッヂオーブン

スポンジケーキ

スポンジケーキ

お誕生日ケーキ

お誕生日ケーキ

やきいもは美味しいけれど、

やきいも

やきいも

むらさきいも、は水分が多過ぎて美味しくなかったと反省したり。

むらさきいも

むらさきいも

パチパチと爆ぜる焚き火で癒されたり。

焚き火

焚き火

 

キャンプは子供たちの感性を刺激する最高の遊びだと思います。

何も遊び道具を持っていかなくても、好奇心と知恵さえあれば何時間でも遊べてしまうキャンプ(自然)は偉大です。

もう少し暖かくなって、コロナも落ち着いていたら、またキャンプに行きたいな〜。

Nobi

Nobi講師のNobiです。

記事一覧

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  2. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  3. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  4. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  5. 為末大さんの話がしみる

  6. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  7. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  8. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  9. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  10. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  1. プチ探☆マンガ(クロアゲハ-完結編)

  2. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  3. ロジャー・フェデラーが引退(Roger Federer)

  4. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  5. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  6. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  7. フィンラインド教育に学ぶ(読解力、考える力)

  8. 手作り紙芝居ワークショップで感じたこと

  9. プチ探☆マンガ(クロアゲハ編-その2)

  10. 詰め込まない教育で中学受験は乗り越えられるのか?

カリキュラム例

  1. 平面図形(灘中)[S-0001-C]

  2. 言葉や出来事の順序を工夫した物語をつくろう!

  3. 立体と平面(東大寺学園中)[S-0002-R]

  4. オノマトペを通して読解力を高めよう!

  5. 数論(灘中)[S-0006-C]

  6. 【観察力と調べる力】在来種?外来種?新種?謎の生物!?この足跡は正体は誰だ?

  7. 世界の宗教と人々の生活について調べてみよう!