為末大さんの話がしみる

為末大さんの考え方や語り口がすごく好きです。

この動画でも

  • 人の考えは思う以上に環境や集団に左右されている(影響を受けている)
  • 「型」と「意味」について
  • 学びは破壊を伴うものであり、飽きることも必要
  • 体験、要約、ブリッジが学びの要素
  • 没頭と俯瞰
  • ゾーンとフロー

など、人の成長に関してとても分かりやすく話されています。

自分の頭で考えて、実践し、そして現在も挑戦し続けているからこそ出せる言葉は心に沁みます。

また、別のところで話されていましたが、「早熟とバーンアウト(ご自身がそうだったようです)」についての話も納得できるもので、貴重な知見だと思います。

note 為末大より

noteでも面白い記事を書かれていらっしゃいます。

なにかあったらどうするんだ症候群とその対処法

https://note.com/daitamesue/n/n5319467da614

私たちの国は「なにかあったらどうすんだ症候群」にかかっています。この症候群は社会に安定と秩序をもたらしますが、その副作用として社会の停滞と個人の可能性を抑制します。この症候群には「未来は予測できるものであり、物事はコントロールできるものである」という前提があります。

確かに日本人の国民性(価値観)は安定と秩序に向いていますよね。もちろん、良い面も沢山ありますが、これからはちょっと厳しい時代であることは間違いなく…ではなくて、実際すでに厳しさを痛感しているわけです…。

楽しむことを邪魔する自分の価値観

https://note.com/daitamesue/n/nf460a10aaf7a

楽しむことは楽しいことは違う。人生は楽しまないとねと言って、パーティーに出かけ刺激のあることを求め探し回っている時、実際のところは楽しんでいるのではなく、楽しまされているだけという場合がある。外部の刺激によってしか楽しさが誘発されないなら、それは外部の刺激によってコントロールされているとも言える。楽しむことは内から生まれ、楽しいことは外から来る。

先の動画や記事とあわせて考えてみると、「楽しむ」には

  • 挑戦や失敗を許容する社会(または集団や環境)があること
  • そういった社会で生まれ、育つこと(経験すること)
  • それ相応の能力が身についていること

少なからずこういった条件がそろわないと、内から楽しむことは難しく、結果として安定と秩序に頼ることから逃れられないのではないでしょうか。

子どもたちへの教育においても、アクティブラーニングや探究学習という「型」は取り入れられていくことだと思いますが、「意味」を誰がどう伝えていくのかといった大きな課題が残ったままです。

為末さんのように、挑戦し楽しむ「起業家精神(アントレプレナーシップ)」を持つ先生が沢山いれば良いのですが。

おっと、悲観的な終わり方になりそうでしたが、そうではありません!

「家庭」という一番小さな社会は私たち「親」の意識次第で直ぐにでも変えることができますね。

親も子も、ちょっとしたことに挑戦する、楽しむ、許容する、そういうことを自然とやって行けば良いのではないでしょうか。

Nobi

Nobi講師のNobiです。

記事一覧

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. 【激ムズ】この魚の正体は何だ?

  2. 石の形を生かして、石に絵を描こう!

  3. 立体と平面(東大寺学園中)[S-0002-R]

  4. 「ことば」にこだわって、豊かに表現してみよう。

  5. 数論(灘中)[S-0004-C]

  6. 場合の数の問題(灘中)[S-0012-C]

  7. この雑草の正体は何だ?