AIもディープラーニングからスローラーニングに!?

本日の日経新聞の記事です。

AIの学習法

AIの学び方は3種類に大別される。AIを進化させた深層学習(ディープラーニング)の登場以降、データの意味を人が正解とともに学ばせる「教師あり学習」が話題の中心だった。

これに対し、AIが自ら学ぶ「自習」も成果を挙げつつある。人が正解を示さず、データの法則性を見つけるのが「教師なし学習」だ。LINEやメタの成果が典型だ。ソニーAIは自らの成功をと失敗を重ねる「強化学習」を応用した。食器の片付けで、うまくやれたら小遣いをもらい、ふざけて割ってしまったときには怒られ、そのうちに幼児が正しい行動を学ぶのに似ている。

  • 人に迫る知能を身につけつつあるAIが進歩の原動力としているのが主体的な学びだ。
  • AIは「育て方」で個性が表れる。
  • 教わることで気づきや学びがあるのも事実だ。多彩な知識を結びつけて考えるのは人間に一日の長がある。
  • AIによる「自主性」と、人の「教育」のそれぞれ良い部分を生かし、望ましいAIを作っていくことが求められる。

 

AIとは人工知能なので、人の仕組みを人工的に再現しているわけです。

その世界において、教えることよりも主体的に沢山の失敗を経験し学んでいく方法、つまりスローラニングが成果を挙げるようになっているというのが面白いなと。

コンピュータは処理が恐ろしく速いのでスローには見えませんが、内容はスローラーニングそのものです。

世の中では今はまだ理解されきってはいませんが、間違いなくこれから人間の世界でもスローラーニングに向かっていくと思います。

 

Nobi

Nobi講師のNobiです。

記事一覧

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. 【プログラミング】HTMLとCSSでホームページを作ってみよう!

  2. 立体と平面(東大寺学園中)[S-0002-R]

  3. 【クルマのメカ入門】このレバーは何のためにあるの?

  4. 平面図形(灘中)[S-0001-C]

  5. 「ことば」にこだわって、豊かに表現してみよう。

  6. 10色の実がなる「のびてくの木」を実らせて!

  7. スイカ泥棒!?この爪跡は誰の仕業だ!?