自分の足で自分の道を歩けるように

振り返ってみると、
当たり前と思い込んでいたものがあっけなくなくなる。
そういうことの繰り返しでした。
コロナしかりです。

そういう視点でいくと、
中学受験も大きく変わる時がくるかもしれません。
いや、もう来てますね💦
ゆる受験とか。
(習い事続けつつ中学受験をしたり、一年だけ塾通いをしたり…)

自分たちが歩いて来た道を子供も同じように歩かせる、というのは危険な考えだなあと思います。
どんな環境でも生きていく力、自分で考えられる力をつけて自立させてあげるのが親の役目としたら、なおさらですね。
なぜならその道は古いかもしれないから。。

考える力が子供についているのであれば
自分で切り開いていくのだろうと思います。
親を超えていくんだろうな、と思います。

こんな風に育てたらいい、的な本がたくさんありますが、どれも「なるほど〜」と思いますけど、
何を実践していくかは家庭で変わりますし、参考にしつつ、試行錯誤が必要なのだろうと思います。
いきなり正解の道を欲しがる人は多いけど、そんなもんありませんよね。。
そんな薄っぺらくなってはいけません。。。
失敗の繰り返しで幹が太くなっていくような気がします。
だから、当たり前の概念をとっぱらって、その時々で大事なものを見失わないように。。
まわりが●●してるから、といったような安易な決断も悪くはないですけど、しがみつかないようにしたいな、と思います。

当たり前がなくなっても
自分らしく生きていけますように。。。

Teku

Teku講師のTekuです。

記事一覧

関連記事

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. 場合の数の問題(灘中)[S-0012-C]

  2. 計算(灘中)[S-0005-K]

  3. 「カマキリ」と「特大ショウリョウバッタ」一緒に入れたらどうなる?

  4. 謎の生物!?この足跡は正体は誰だ?

  5. 立体と平面(東大寺学園中)[S-0002-R]

  6. 文章題(灘中)[S-0003-C]

  7. 【高難度】カメラの比較、分析、提案をしてみよう!(SIGMA fp vs Fuji X-Pro3)