子どもの好奇心のオモテ面とウラ面

「なぜ、水に手が濡れると冷たいの?」「ゴミはどこへ行くの?」「車で曲がるとき、なぜ外側に体がいくの?」「太陽はなくなるの?」など疑問があちこちから出てくる息子と娘。幼児期は不思議がいっぱいあって、好奇心がすごくあるのだな、と感じたものです。しかも、ちょっと高度なことを質問されると、おや、この子の洞察力は普通じゃないかも、なんて思うのですが、詳しく説明するにはちょっと難しい、、、でも、答えてあげたい、、そんな時、どうされてますか?

1,好奇心にどう答えたらいいの?

●ちゃんと1から全部説明してあげるのが良いかな?
→答えを全部言ってもいいのだろうか?また、子どもにわかるように説明できるだろうか。

●自分で考えさせてみようかな?
→どう思う?と聞いても、わからん!と即返される。。そりゃそうか。考えて分からないから質問してるんだもんね。

結局どうしていたかというと、

答えられるのは答えていましたし、わからないのは「どうかな」と一緒に調べてみたり、分かりづらいの時は絵を描いて説明したりしていました。その時わからなくても、将来「あ、このことか!」とわかってくれたらいいなと思っていたからです。

また、どう思う?なんて丸投げしないで、ちょっとずつ目の前の答えがわかるように導いてあげるべきだったかな〜、なんて思ったりもしました。
とにかく、「疑問に思った時にはそれを機にいろいろ教えたい」なんて思っていたのです。欲が深いですね。こども相手に。。

2,むずがしい質問の時は

すぐに答えが出なくても、「なに、その難しい質問!」と一言入れるだけで、子どもは「ふふん」と得意げになる、、、と思うのですが、わたしはなぜか負けた気がして、そういうことは言いませんでした。あれ。。
とりあえず、一生懸命わかる限り説明していたような気がします。会話をしながら、いろんな方向からしていましたが、どうしても説明が無理なものもありました。。例えば政治関連とか。。自分がよくわかってませんから、無理でした。なので、そこは軽く「大人になったら」ということで飛ばしました。ちゃんと話を聞くことだけはして。それは、いろいろな疑問や質問をどんどん親に話してくる時、自分の問いかけに親がどれだけ真剣に受け止め話をしてくれるか、というのもしっかり見ているのではないかと思えたからです。

3,子は親をよく見ている

先ほどまでは「なぜなぜ?」と直接的に聞いてくる、いわば「好奇心のオモテ面」の話でした。今度は何も語らない、聞いてこない態度の中にある、いわば「好奇心のウラ面」の話です。

年月を経ると、私が興味のある分野に興味を持つようになりました。生き物とか絵とか。これは、特別に熱心に教えていたわけではありません。生き物が庭に舞い込んできたりしたら、捕まえたり、飼ってみたり(まあ、テンションが上がって「みてみてぇ!!」と言ってたかもしれませんが)してただけです。のちに息子も捕まえてきたり、飼ってみたりするようになったのです。娘も虫や魚、生き物全般にとても興味があり、お世話が大好きな子になりました。また、絵も教えたわけではありませんが、私が淡々と描いてるのを見ていた息子と娘は絵を描くことが大好きです。教えてもいないのにびっくりするぐらいです。子どもは親のしていることをよく見ているなあ、と。

意図せずとも、子どもの好奇心を刺激していたわけです。

4,最後に

現在、子どもたちは中学生と小学生になりましたが、今でも、たくさんの会話をします。ハッと気付いたのですが、その会話の多さは幼少期から変わっていないな、と。。ただ、親が話す時間がだんだんと減り、子どもが話す時間の方が少し増えてきたようにも思います。

世界情勢から生物の話まで幅広く話をしていて、知識欲は衰えないものだなあ、と。それを家族であーだこーだと「話す」ことで、自分というものを見つめることができたり、自分の考えがまとまったりするようです。授業で得た知識やおもしろ話もどんどんしてくれます。

日頃の様子から、我が家における親離れ子離れは感じているのですが、それだったら子どもたちから話をしてくれなくなりそうなものですが、親が知らない世界をたくさん話してくれます。

これはどういうことなのか、またこれも変化していくのかはまだわかりませんが、お互いが、自立した関係で会話できているのかもしれないな、とおもう今日この頃です。

おしまい

Teku

Teku講師のTekuです。

記事一覧

関連記事

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. スイカ泥棒!?この爪跡は誰の仕業だ!?

  2. 「カマキリ」と「特大ショウリョウバッタ」一緒に入れたらどうなる?

  3. 平面図形(光の反射)の問題(灘中)[S-0013-C]

  4. 数論(立命館守山中)[S-0007-R]

  5. 「ことば」にこだわって、豊かに表現してみよう。

  6. 身の回りにあるいろいろなキャップを探してみよう!

  7. 場合の数の問題(灘中)[S-0012-C]