ことば

「ことば」にこだわって、豊かに表現してみよう。

探究配分
感性:2 ことば:2 思考力:1
深度
★★☆☆☆

文章は同じ言葉を使っていても、並び順によって印象が変わる不思議な性質があります。

実際に並び順を変えてみて、どのように印象が変わるのか試してみましょう。

問題

  • ア: ニワトリが
  • イ: ないた
  • ウ: コケコッコー
  • エ: きのうのよる
  • オ: オスの

これを下記の手順に従って3パターン、言葉の並び順をつくってみましょう!

手順一覧

1

(パターン1) 状況を正しく分かりやすく伝える説明文の順序にしてみよう。

2

(パターン2) 読み手の印象に残るような表現の順序にしてみよう。

3

(パターン3) 読み手に考えさせる文の順序にしてみよう。

4

(補足)文末などを少し変えても良いよ!

ポイント

さあ、どうだったかな?並び順によって、本当に違いが感じられた?

ところで、ニワトリってどんな鳥? どこにいるのかな? どうして鳴いたんだろう?

想像していたかな?

ここからスタートして「あんなこと?」「こんなこと!」「そんなこと!?」にどんどん繋げて膨らませていくことができるよ。

じっくり、スローに、道草くっていこう!

 

指導のコツ

幼少期の子供たちはみな旺盛な好奇心を持っているのですが、だからと言って初めから「学習好き」な訳ではありません。

子供たちに自然と学習好きになってもらうには指導する側にもコツ(能力)が必要です。

のびてくでは「探究のたね」を出発点とし深い理解につながるよう、お子様一人一人に合わせた最適な指導を行なっています。

実際どのような流れで学習を進めて行くのかについては下記のボタンをクリックしてご覧ください。

 

のびてく入塾後の学習の進め方について

 

※当サイト上に掲載されている「探究のたね」はあくまで一例です。実際はお子様に合わせてアレンジしていきます。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. 【長期】小さな池を作って魚を飼ってみよう!(日本淡水魚)

  2. この絵に「ことば」を入れてみよう!

  3. 【クルマのメカ入門】このレバーは何のためにあるの?

  4. 平面図形(灘中)[S-0001-C]

  5. 数論(立命館守山中)[S-0007-R]

  6. 平面図形(灘中)[S-0014-C]

  7. 立体と平面(東大寺学園中)[S-0002-R]