探究学習の進め方

探究学習の進め方

「のびてく」では、次世代に生きる子どもたちに必要とされる「自ら考える力」がしっかりと身くよう、探究学習の進め方を工夫しています。(※5歳〜12歳程度を想定しています。)

そうすると「自分の頭で考えること」が楽しくなって行きます。

それでは、のびてく流の探究学習の進め方・受講の流れについてご説明して行きます。

【学習手順1】探究課題を決める

自然や身近な不思議をテーマとした探究課題をお渡しします。

【探究課題について】

  • のびてくの探究学習はStep1〜Step4の4段階に分けられています。各ステップごとに取り組みのテーマと目的/目標が設けられています。
  • Step1〜3は、思考の基礎トレーニング期間に設定されているので、探究課題は「のびてく」が用意しています。(※問題集やテキストではありません。)
  • お渡しする課題には「調べ学習の進め方」や「思考の着眼点」などのアドバイスが書かれています。
  • Step4に入れば、探究課題はお子様に自由に決めてもらいます。
  • Step4に入れば、発展的に色々な探究学習にチャレンジして行き、自分で考える力をどんどん深め、広げ、つなげて行きます。

※のびてく独自の「思考の4Stepsトレーニング理論」と「スローラーニング」については別ページにて詳しくご説明しています。ここでは学習の流れに絞ってご説明して行きます。

指導と学習の方法
  • まず、手順1の探究課題をお渡しする際は「ビデオ通話」で個別に進め方や目的などをご説明します。(※15分程度)
  • お子様と親御様が一緒に参加してください。(※小学5年生〜、Step4〜、親御様のサポートが段々と必要なくなって行きます。)
  • お渡しする課題には「調べ学習の進め方」や「思考の着眼点」などのアドバイスが書かれています。(※知識を鵜呑みにするのではなく、原理原則で考え、構造が理解できるように導きます。)
  • ビデオ通話にはDiscordという定評のある無料ソフトを使用します。

【学習手順2】自分で考える

探究課題に沿って、1週間、ご自宅にて都合の良い時間に探究学習を進めます。

主な学習内容は、フィールドワーク、観察、調べ学習、自分で考える、仮説する、植物や生き物をお世話する、何かを作る、文章を書く…etc、です。

指導と学習の方法
  • 進める中で質問や疑問があれば24時間365日いつでもDiscordのダイレクトメール(DM)を送ってください。翌日を目処に考え方のアドバイスをご返答いたします。(※内容によってはビデオ通話を使用することもあります。)
  • 最低限必要な知識は課題シートに書いてあるので、そこから掘り下げたり、広げたり、つなげたり、最短の正解に行かずとも、あれこれ自分で考えて行くようにサポートします。(※教育の目的が「自分で考えられる力」なので、過保護に知識を全て暗記させるような形式は採用していません。)
  • 質問することで、「自分は何が分かっていないのか?どのように聞くと良いか?伝えると良いか?」などの質問スキルや言語スキルが磨かれて行きます。
  • 質問することも「自分で考えること」「表現すること」なので、意図的に質問が出るようにしております。
  • 先生たちに遠慮せず、どんどん質問してください。(※初めは難しいですが、ちょっとした事で良いので、親御様が教えてしまわずに質問させてあげてください。)
  • なお、お子様が小さい間は「考えること」に集中させてあげたいので、聞きたいことをお子様に話させてあげ、DMの入力は親御様にて行なってください。(※その際、大人の手によって質問文を綺麗にまとめず、お子様が話した通りに記載して送って頂くようご協力をお願い致します。お子様の成長の重要な判断材料の一つになります。
  • 最初はWeb検索一つするだけで、分からない漢字で詰まったり、大人には簡単なことで悩んだり(教えたくなる)、成長がノロノロに見えてもどかしくなると思いますが、そのノロノロの時間こそが学習中であり成長に必要な機会ですので、意味があることだと信じて暖かく見守ってあげて頂きたいと思います。(※知識を入れることが目的ではない。むしろ考え力を奪うこととなってしまいます。)

 

【親子家庭学習のメリット】
最初は親御様にとってお子様の学習サポートがご負担に感じるかもしれませんが、答えを教える必要はありませんので、Web検索や質問DMの代行を中心に行なっていただければ結構です。(※着眼点や考えるポイントはお伝えします。)段々と自立して、徐々に手が離れて行きます。また、オンライン指導なので1週間のうち都合の良い時間帯で学習していただけますので、柔軟にスケジュール調整していただけると思います。お子様が何をどう考えているのかがハッキリと感じられてくるので、これまで以上に内面まで理解してあげられるメリットが出てきます。将来に来ると言われる反抗期ですが、そういった多感な時期でも、幼少期における親子の相互理解があるので、「子供が何を考えているか全然分からない…」となることはなく、安心信頼して見守っていくことができます。

【学習手順3】週1回の課題提出

毎週1回、DMにて課題を提出し、探究学習の進捗や喜びを共有します。

先生が課題の内容を確認・分析して、次に掘り下げて考えて欲しいことに向けた着眼点をDM返信にてコーチングします。(※内容によってビデオ通話を使用することもあります。)

「学習手順2」と「学習手順3」を繰り返します。(※目安は4〜8週間ですが、柔軟に対応していきます。)

【学習手順4】まとめる

想定のところまで理解が深まれば、これまでの学習内容を自分なりの発表資料としてまとめてもらいます。

指導と学習の方法
  • 進める中で質問や疑問があれば24時間365日いつでもDiscordのダイレクトメール(DM)を送ってください。翌日を目処に考え方のアドバイスをご返答いたします。(※内容によってはビデオ通話を使用することもあります。)
  • 論理的思考を取り入れた情報の整理の仕方、まとめ方、伝え方などについても、コーチングして行きます。(※目安は2週間〜4週間ですが、柔軟に対応していきます。)
  • 内容によっては、イラストや写真を挿入したり、図表を作成したりするので、その過程で多くの視点を学ぶことができます。
  • この「まとめる」という行為によって、さらに思考力と理解が深まります。(※最初は難しいですが、4ステップに分けてじっくりやっていきます。)

【学習手順5】発表する

Discordのビデオ通話にて、探究学習の成果を発表してもらいます。

その後、先生と質疑応答して楽しみます。そこから次の探究テーマに広がっていくこともあります。

個別の発表からスタートしますが、学習が進めばオーディエンス(生徒仲間)に入ってもらって、意見交換することもあります。(※決して無理強いはしません。)

【学習手順6】次のステップへ

次の課題へ発展させて行きます。

 

以上が、のびてく流の探究学習の進め方です。

考えるクセをつけ、深い理解につなげる秘訣

五感をフルに活用して、肌感覚を得る

幼少期の子供たちはみな旺盛な好奇心を持っているのですが、だからと言って初めから「分からない事を考え続けることが好き!」な訳ではありません。

TV・YouTube・ゲームなど刺激が強く・派手で・分かり易いものに、子供たちが強い興味を示すのは自然なことです。

例え図鑑の解説から知識を得たり、読み聞かせしてもらう事は大好きでも、「自分で考える楽しさ」に気づくのはまだ少し先のことです。

子供の成長を急ぐあまり見落とされがちなのですが、まずは自らの好奇心の種(たね)について「五感をフルに使って、自分の目と手で確かめる」という経験を沢山する必要があります。

その次の段階として「自分の頭で考えて、自分で調べて、自分で理解して行く」という楽しみ方に繋がっていき、やがてそれが学習の習慣となって行きます。

 

一人一人のボトルネックは違う

また、思う以上に幼少期の子供たち一人一人の成長具合は様々です。

持っている好奇心を「知りたい、確かめたい、もっと知りたい」につなげていくには、何段階かの壁が存在します。

時には「嫌い」「知らない」「興味ない」「やりたくない」「つまんない」などと、子供たちは平気な顔で拒否してきます(笑)

でもそれは本心ではなく、ちょっとしたキッカケ一つで「やってみたい!」に変わるのです。

子供たちが自ら考えて行く際に、少しだけ欠けているパーツがあるのですが、そのパーツは一人一人違っているのです。

ちょっとした思い込みであったり、ちょっとした成功や失敗の経験であったり、家庭環境や兄弟友達との関係であったり、体調であったり、プライドであったり、前提知識であったり、本当に様々なのです。

それらを総称して「ボトルネック」と呼びますが、そのボトルネックを確実に見定めて、広げ解放してあげると、学習は意志をもったものとして勢いを増していきます。

そしてまた止まります。また解放します。これを繰り返していくと、段々と強くたくましく自立して行きます。

学習の処方箋は一人一人違うので、大人視点で良いと思われるものを一方的に与えたところで効果が出ないですし、子供がすでに持っているボトルネック以外の部分を重ねて与えすぎてしまっても、好奇心を潰してしまって逆効果となることがあります。

Discordのご紹介

①Discordついて

Discordという無料チャットアプリを使って、ビデオ通話やダイレクトメッセージ(DM)を送って頂けます。

(※Zoom、skype、slack、chatwork、Lineなどと類似の有名なチャットアプリです。)

Discordでできること

  • ビデオチャット
  • ボイスチャット
  • テキストチャット
  • ダイレクトメッセージ送信
  • 画像、ファイル添付
  • 画面共有

などの機能があります。

サーバー内には招待された会員だけが出入りできるチャンネルが用意されており、自由にコミュニケーションを図ることができます。

Discord公式サイトはこちら

遅延の少ないボイスとビデオで、まるで同じ部屋で話しているような臨場感で楽しく利用することができます。

【必要な機器】

  • Discordをインストールする、お子さん用のWebカメラ付きパソコン1台
    (※WindowsでもMacでも結構です。)
  • スマートフォン、タブレットにもインストール可能です。
    (※古いパソコンよりも、最新のタブレットの方がビデオ通話が快適な場合もあります。)
  • 1つのアカウントで複数のデバイスから同時アクセスも可能です。DMの着信通知などはスマートフォンが大変便利ですので、是非ご利用ください。

 

②ビデオ通話指導について

ビデオ通話による指導は以下の際に行います。事前に先生と調整して日時を決めます。

  1. 探究テーマ開始時の説明
  2. DMでの指導を補足する際のビデオ通話(質疑応答)
  3. まとめの発表(アウトプット)

 

③さいごに

「のびてく」は固定のカリキュラムを一方通行で教える授業形式ではありません。

探究学習を中心としたアクティブラーニングが基本となります。

講師が子供たちの内面をしっかりと把握し、サポートしていきます。

別ページ(スローラーニング)でご説明していますが、

  1. 成長のメカニズム
    「好奇心→感性→ことば→思考」と、中心から外側に向かって順序よく連鎖するように育てていく
  2. 学習スタイル
    中心:子供たちは自分で育つ力を備えている(前提)
    インプット:子が好奇心を発動させる機会を作る
    アウトプット:表現して、共有して、好きになる
    大人の役割:手本とサポート

このような理論に基づいて構成されています。

Step1の探究テーマから着手しますが、それが日ごとに広がり、段々と深まっていきます。お子さんの個性に合わせたサポート(指導)を行います。

Step4以降はお子さんの好奇心に合わせて新しいテーマを取り入れアレンジしていきます。積極的に道草していきましょう。

どんな内容をどのように学ぶのかはその子の興味(好奇心)次第で変わってきます。

好奇心を起点に、子供自身が自分で何をするかを決め、疑問にぶつかりながら理解し、答えを出していく。

親と子が安心して、真剣に遊ぶように取り組める場所が「のびてく」です。

確実に内から外へと連鎖して伸びていくよう、スローラーニングを熟知した私たち講師がしっかりサポートしていきます。

一人一人がどんな成長の軌跡を辿るのか、すごく楽しみですね!

 

→「のびてく」の3つの特徴はコチラ

 

当塾にご興味のある方へ

この度は当塾「のびてく」にご興味を持っていただき、ありがとうございます。「のびてく」ではオンライン無料相談(カウンセリング・説明会)を行なっております。入塾試験や面接ではありませんので、お気軽にご利用くださいませ。また、入塾体験をご希望される方も、まずは無料相談をお申し込みください。お待ちしております。

オンライン無料相談

ご入力頂いた候補日の中から、無料相談実施の日程をメールにてご返信いたします。(※返信メールが届かない場合、迷惑メールフォルダーのご確認、または「@nobiteku.com」からのメールを受け取れるようフィルター設定のご確認をお願い致します。)なお、実際の通塾の雰囲気を感じていただけるよう、Discordを使用して相談会を行います。無料相談の流れ、Discordのインストールなどの詳細について知りたい方はコチラのページをご確認くださいませ。

 

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. 速さの問題(灘中)[S-0008-R]

  2. 数論(灘中)[S-0004-C]

  3. 10色の実がなる「のびてくの木」を実らせて!

  4. 【高難度】カメラの比較、分析、提案をしてみよう!(SIGMA fp vs Fuji X-Pro3)

  5. この絵に「ことば」を入れてみよう!

  6. 平面図形(灘中)[S-0001-C]

  7. 数論の問題(灘中)[S-0009-R]