探究×算数

「数」と「量」の仕組みを体感的に理解しよう!

今では馴染みが薄くなりつつありますが、尺貫法をご存知でしょうか?

尺貫法とは長さの基準を尺とし、質量の基準を貫とする日本古来の度量衡システムの総称です。

お米を例にとってみると、

  • 1人が1年間食べる米の量 = 1石
  • 1反の田んぼで収穫できる米の量 = 1石

という、何とも分かりやすい関係があるのです。(※当時の基準ですが。)

メートル法になると単位がもつ「意味」は薄れてしまいますが、数と量の関係とは面白いものです。

  • 「数(すう)」は1 つ 2 つと数えられるものを抽象化した概念である。
  • 「量(りょう)」は大小・多少・長短・高低・重軽 などの比較が可能なものを抽象化した概念である。

数と量について、体感的にしくみを理解すれば、自然と使いこなせるようになっていきます。

 

観察テーマ

観察のテーマ
備考
身近なところで使われている「数」を探す(※単位のないもの)
3個
身近なところで使われている「単位」を探す(※数とセットで)
10個
日本独自の単位を探す
建築と農業
イギリスやアメリカの単位を探す
重さ、長さ、距離、液体量

探究学習の進めかた・手順

1

「単位」のもつ意味について考える。

2

比較の視点から基準値と倍数(係数)の関係について考える。

3

「整数、少数、分数」の特徴や関係について考える。

4

足し算、引き算、掛け算、割り算、それぞれどういう意味があるのかを考える。

深め・広げ・つなげる スローラーニングのポイント

1

割合、比、倍数を理解し、状況に合わせて自由自在に使いこなす。

2

数の計算の意味を理解し、最適な計算方法を導き出す。

3

単位の意味を理解し、換算方法などを導き出す。

4

=(※イコール)の持つ意味を理解し、計算方法を導き出す。

5

( )(※かっこ)の持つ意味を理解し、計算方法を導き出す。

6

素因数分解の観点から、素数と約数と倍数を理解する。

7

オリジナルの単位や係数をつくってみる。(※MLBを参考にすると良い)

ひとこと

計算力を重視しがちな日本ですが、計算力よりも「数」や「量」がもつ本来の概念を理解することの方が大切です。

概念さえ正しく理解していれば、数学にとどまらず物理や化学の世界に踏み込んでも大いに役立つことは間違いありません。

意味もわからず覚えるものではなく、便利だから使われている、必要だから定義されているという視点から学びをスタートさせ、深掘りしていって欲しいと思います。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  2. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  3. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  4. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  5. 為末大さんの話がしみる

  6. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  7. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  8. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  9. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  10. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  1. プチ探☆マンガ(クロアゲハ-完結編)

  2. 【ギフテッドの育て方】個性や才能を伸ばす教育のコツや習い事について真面目に語ります。

  3. ロジャー・フェデラーが引退(Roger Federer)

  4. 【読み解く】小学生向けのオンラインの習い事・学習塾・教室の選び方。多くの人が誤解している肝心なこと。

  5. 【日経新聞より】アクティブラーニングを導入したのに「受け身」な生徒が増えてしまうの!?

  6. 人口減により遂に偏差値時代が終幕。これからの入試とあるべき幼少期教育について。

  7. フィンラインド教育に学ぶ(読解力、考える力)

  8. 手作り紙芝居ワークショップで感じたこと

  9. プチ探☆マンガ(クロアゲハ編-その2)

  10. 詰め込まない教育で中学受験は乗り越えられるのか?

カリキュラム例

  1. 戦争と平和について考えてみよう。

  2. 観察を通して地球の成り立ちと自然現象を結びつけよう!

  3. 【機能とデザインとマーケティング】身の回りにあるいろいろなキャップを探してみよう!

  4. 「数」と「量」の仕組みを体感的に理解しよう!

  5. 【プレゼン】カメラの比較、分析、提案をしてみよう!(SIGMA fp vs Fuji X-Pro3)

  6. 【観察力と調べる力】在来種?外来種?新種?謎の生物!?この足跡は正体は誰だ?

  7. これまでの世界の革命を振り返り、AI社会の未来を予測しよう!