思考力

【プログラミング】HTMLとCSSでホームページを作ってみよう!

探究配分
感性:3 ことば:4 思考力:3
深度
★★★☆☆

HTMLとCSSはホームページを作る際のコンピュータ言語です。

LEGOブロックやプラモデルのような感覚でコツコツと作れるのがHTMLとCSSの良いところです。(※JavaやPythonのように関係、論理、制御が複雑でない。)

子供たちが楽しみながら学ぶのにピッタリだと思うよ!(Scratchよりもオススメ)

ノビ先生と一緒に、HTMLとCSSを使って「世界に一つだけの自己紹介ホームページ」を作ってみませんか?

手順一覧

1

ホームページの仕組みを学ぼう。

2

インターネットの仕組みを学ぼう。

3

HTMLについて学ぼう。

4

CSSについて学ぼう。

5

実際に「自己紹介のホームページ」を作ってみよう!

6

カスタマイズしてホームページをグレードアップさせてみよう!(オリジナル)

ポイント

コンピュータや物作りが好きなら、ホームページって作るの楽しいと思うよ。

楽しいだけじゃなくて、ホームページを作る中で色々と学ぶことができるんだよ。

学べること

  • タイピング(正確なキーボード操作)
  • コンピュータOSの基礎リテラシー(コピー、カット、ペースト、保存、移動など)
  • 光の3原色(RGB)
  • 16進数
  • ちょっとした英単語
  • コンピュータ(ハードウェア)
  • ソフトウェア
  • インターネット(ネットワーク)
  • デザイン、配色
  • UI(ユーザビリティー)
  • ライティング(構成力、文章力)
  • 忍耐力
  • 問題発見力、問題解決力(バグフィックス)

など。

時間はかかるけど、焦らずコツコツと学びながら作っていって欲しいな。

ハマったら、JavaScriptとかPHPとか、JavaとかPythonとかの高度な言語を勉強したくなるかもね〜(^^

指導のコツ

幼少期の子供たちはみな旺盛な好奇心を持っているのですが、だからと言って初めから「学習好き」な訳ではありません。

子供たちに自然と学習好きになってもらうには指導する側にもコツ(能力)が必要です。

のびてくでは「探究のたね」を出発点とし深い理解につながるよう、お子様一人一人に合わせた最適な指導を行なっています。

実際どのような流れで学習を進めて行くのかについては下記のボタンをクリックしてご覧ください。

 

のびてく入塾後の学習の進め方について

 

※当サイト上に掲載されている「探究のたね」はあくまで一例です。実際はお子様に合わせてアレンジしていきます。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. 平面図形(光の反射)の問題(灘中)[S-0013-C]

  2. 【激ムズ】この魚の正体は何だ?

  3. 文章題(灘中)[S-0003-C]

  4. 謎の生物!?この足跡は正体は誰だ?

  5. 数論(灘中)[S-0006-C]

  6. 【高難度】カメラの比較、分析、提案をしてみよう!(SIGMA fp vs Fuji X-Pro3)

  7. 【長期】小さな池を作って魚を飼ってみよう!(日本淡水魚)