感性

【激ムズ】この魚の正体は何だ?

探究配分
感性:5 ことば:1 思考力:3
深度
★★☆☆☆

これはノビ先生が近所の用水路で捕まえた魚だよ。

手順一覧

1

魚の写真を観察しよう。

2

魚の形だけじゃなくて、「用水路」もヒントだよ。

3

よく似た魚が何種類もあるよ。よく観察して間違えないようにね。

4

もしかするとお魚図鑑にものってないかもしれないよ。

ポイント

これはノビ先生が近所の用水路で捕まえた魚だよ。

さて、どこに注目したかな?

ヒント

これが2020年8月上旬に捕まえたときだよ。場所は用水路。

用水路で捕まえた魚

用水路で捕まえた魚

 

そして、これが2021年10月下旬の写真だよ。家の小庭に作った小さい池で飼育中。

用水路で捕まえた魚

用水路で捕まえた魚

少しだけど、変化があるね。

さあ、ヒントはここまで!(いじわる)

激ムズな問題だから、よく観察してね!(^^


この探究のたねに正解はないけど、大切な要素が沢山含まれているよ。

ここからスタートして「あんなこと?」「こんなこと!」「そんなこと!?」にどんどん繋げて膨らませていくことができるよ。

じっくり、スローに、道草くっていこう!

 

指導のコツ

幼少期の子供たちはみな旺盛な好奇心を持っているのですが、だからと言って初めから「学習好き」な訳ではありません。

子供たちに自然と学習好きになってもらうには指導する側にもコツ(能力)が必要です。

のびてくでは「探究のたね」を出発点とし深い理解につながるよう、お子様一人一人に合わせた最適な指導を行なっています。

実際どのような流れで学習を進めて行くのかについては下記のボタンをクリックしてご覧ください。

 

のびてく入塾後の学習の進め方について

 

※当サイト上に掲載されている「探究のたね」はあくまで一例です。実際はお子様に合わせてアレンジしていきます。

teku先生のツイート

コラムを読む

オススメの記事 新しい記事
  1. 「のびてく」で身に付くアナロジー思考について

  2. 科目横断的な探究学習と科目学習をどのようにリンクさせていくのかについて、具体例で説明します。

  3. 考える習慣をつけ、深い理解につなげる学習の進め方について説明します。

  4. ずっと伸び続ける方法(スローラーニングで好奇心を育てる)

  5. 「絵本の読みきかせ」は本当に必要なのか〜10年続けた私が批判的に考えてみた〜

  6. ハチワレ猫の教え

  1. 為末大さんの話がしみる

  2. プチ探☆マンガ(てんとうむし-番外編)

  3. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その2)

  4. プチ探☆マンガ(てんとうむし編-その1)

  5. プチ探☆マンガ(みかんの木)

  6. teku先生のプチ探究学習マンガ(その4-完結編)

探究のたね(一例)

  1. 「カマキリ」と「特大ショウリョウバッタ」一緒に入れたらどうなる?

  2. 石の形を生かして、石に絵を描こう!

  3. 【長期】小さな池を作って魚を飼ってみよう!(日本淡水魚)

  4. この雑草の正体は何だ?

  5. 速さの問題(灘中)[S-0008-R]

  6. 身の回りにあるいろいろなキャップを探してみよう!

  7. 謎の生物!?この足跡は正体は誰だ?